みそ作り教室でみそ作り

「おいしくて原材料がわかるから、作れるものは自分で作りたい」

新物で手作りしたおみそで正月をむかえる、「糀屋雨風」がある大阪 泉州地方で今も受け継がれ続けている風習があります。
昔はどの家も丹精込めてみそを作り、それぞれ家の味を作ってきました。
日本のおいしい味には欠かせない調味料、おみそを自分で作る教室です。

  • みそは自分で作れる
  • 手作りみそは活きたみそ
  • みそ作りは楽しい

①みそは自分で作れる

自画自賛のものを意味する「手前味噌」という言葉があるとおり、かつて「みそ」はそれぞれの家庭で作られるものでした。
毎年丹精込めて仕込むみその味が、慣れ親しんだ一家の味となっていました。
現在売られている市販のみそは、多くが海外からの輸入原料で作られており、たとえ国内産原料のみそであっても産地の表示義務まではありません。

手作りするということは、どんな原材料なのか、自分が納得したものが作れるということでもあります。

②手作りみそは活きたみそ

江戸時代の代表的な食の解説書「本朝食鑑」では「医者殺し」と書かれているほど、みその健康効果は評価されていました。
みそは大豆と麹と塩をよく混ぜて作った「みそ玉」を容器に隙間なく詰めこみ、じっくり醗酵させることでできあがります。

本来のみそは、できあがった後も酵素・乳酸菌の働きで発酵を続け、「脂肪酸エチル」など、さまざまな成分が作られ続けます。
しかし、江戸時代当時のみそと現在市販されているみその多くとでは作られ方に大きな違いがあります。
それは、市販みその加熱殺菌工程にあり、そこで醗酵が止められているということにあります。

発酵食品である活きたみそは常に発酵を続けてガスを発生するため、市販商品としての陳列にはむかないのです。

そのような市販みそと違い、手作りの「生みそ」は、できあがった後も醗酵を続け、生まれる成分は失われず長持ちし、熟成の過程ごとの味の違いを楽しむことができるのです。

みそがもたらす健康効果 みそは万葉時代からの「酵素食品」

①アミノ酸効果

・体細胞の老化を防ぐ作用がある
・脳の機能を高める上で重要な成分

②レシチン効果

・体細胞を生き生きと活動させる
・物忘れや運動障害の抑制

③生菌効果

・生味噌1g内に含まれる生きた微生物100万個以上が善玉乳酸菌を増やし、ビタミンなどの栄養成分を生成する。

③みそ作りは楽しい

大阪泉州地方には古くから新米、新大豆を使った正月用のみそを仕込み、新物で醸した自家製みそで新年を祝う風習が続いています。
1月後半から3月中旬の「寒仕込み」はみそ作りに最も適した季節。ゆっくり時間をかけ醗酵させると、味に深みのあるみそに仕上がります。
夏場に麦麹で仕込む「麦みそ」はひと味違った麦独特の香りと甘みがあります。

みそ作りの楽しみは通年を通してさまざまですが、なんといっても仲間と一緒の和気あいあいとした体験が、一番の思い出になります。

お申し込みはこちら→

みそ作り教室 随時受付中

米みそはオールシーズン、一味違った麦みそは4月上旬から夏季(麦麹がなくなり次第終了)の間受け付けております。
出張も可能です。お気軽にお問い合わせください。

学校やカフェ、企業・団体へのご訪問も行なっております。※訪問の際の交通費はご負担いただきます

費 用:できあがるおみそ3kg/2,865円(税込3,096円)

持ち物:エプロン・三角巾・みそ桶

※みそ桶は当日500円(税込540円)で販売もしております。

時 間:1時間半程度

定 員:10名

手作りみそ料理 on Instagram

【雨風 手作りみそのお料理紹介】参加方法

  1. みそ作り教室のおみそを使用した料理の写真を撮影!
  2. 写真のコメントに“ #雨風糀 ”をつけてInstagramへ投稿します!
  3. “ #雨風糀 ”で投稿された写真の中から弊社スタッフがピックアップし
    「手作りみそ料理 on Instagram」に掲載させて頂きます。
  4. 掲載された写真の投稿者へは弊社スタッフより
    Instagramからのご連絡後「塩糀昆布」をお送りさせて頂きます。

“ #雨風糀 ”で投稿された写真は、雨風ホームページ、雨風みそ作り教室ページをはじめ、雨風で使用するチラシ・印刷物等に掲載する場合がございますので、予めご了承の上ご投稿くださいますようお願い申し上げます。

お申し込みから受講までの流れ

◆webでお申し込みの場合

step① フォームからお申し込み

お申し込みフォームに必要事項を入力して送信。おみその種類が色々あって迷いそうですが、じっくり吟味して決めましょう。

→

step② 当日の準備のお知らせ

「雨風」からメールで受付完了のお知らせがあります。日時の確認や当日の準備など大切な説明があります。
忘れ物にはお気をつけください!

→

◆お電話でお申し込みの場合

step① お気軽にご連絡ください

お電話にてご連絡ください。
0120-506-502(フリーダイヤル)
072-262-0333

→

step② お電話にてご確認

日時・おみその種類・人数・ご連絡先などをお知らせ下さい。当日の準備などもお電話でご説明いたしますので、メモのご用意をお忘れなく!

step③ 当日指定場所で集合!

いよいよ当日です。指定の場所に集合したあとは「雨風」講師の案内を聞きながら、みそ作り教室を楽しみましょう。記念写真は忘れずに!

→

みそ作り教室当日の流れ

①指定場所に集合

「雨風」へようこそ!仲良しグループで集合した後は担当講師が丁寧に案内します。

→

②まずは材料を混ぜ合わせます。

麹を揉みほぐし、使用量の半分程度の塩と混ぜ合わせるます。麹と塩をよくまぜるのがおいしさのポイントです。

←

③みそ玉を作りましょう。

麹と塩が混ざった所で、大豆をつぶした物と一緒にみそ玉をみそ玉を作ります。お話をしながらの楽しい時間です。

→

④お持ち帰りの容器に詰めましょう

みそ玉を投げ入れ、空気が入らないようにすき間なく詰めていきます。最後に和紙やさらしを上にかぶせておきます。

←

⑤教室の前後にはBIOTOPOSでカフェランチ

教室の前後には併設の「BIOTOPOS」でカフェランチはいかがでしょう。受講者にはランチにドリンクサービスがあります!

→

⑥教室が終われば現地で解散

熟成期間中にご質問等あれば、お気軽に連絡下さい。
皆様のご連絡をお待ちしております

費用・お持ち物・おみそについて

みそ作り教室は全て“生の糀”を使っています。

◆費用

2,865円(税込3,096円) … みそ 3kg

◆お持ち物

エプロン、三角巾、味噌桶(当社にて500円(税込540円)で販売もしております。)

◆原材料

28年度産 滋賀県産米
大豆 28年度産 北海道産鶴娘
赤穂塩 塩の里

◆おみそについて

《米みそ(オールシーズン)》

白みそ 特徴 糀感たっぷり。正月用の雑煮みそだけではなく、色々な料理に使えます。
糀と米の割合(原材料で) 3:1
塩分 約 6 %
熟成期間 1~2ヶ月
おすすめの使い方 ぬた・白和え・野菜ディップ・魚のみそ漬け・牡蠣の土手鍋。豚肉とも相性抜群!
堺みそ 特徴 泉州堺で古くから伝えられている配合。糀が多めの関西風田舎みそ
糀と米の割合(原材料で) 2:1
塩分 約 10 %
熟成期間 3~6ヶ月
おすすめの使い方 みそ汁・みそ煮込み料理・野菜ディップ
元禄みそ 特徴 長期熟成タイプ。糀と大豆のバランスが絶妙
糀と米の割合(原材料で) 1:1
塩分 約 13 %
熟成期間 10ヶ月以上
おすすめの使い方 みそ汁・みそ田楽
お好みの配合 特徴 自分の好みのおみそが作れます。配合をお知らせ頂ければ準備します。
我が家のみそに挑戦!
糀と米の割合(原材料で)
塩分
熟成期間
おすすめの使い方

《麦みそ(4月上旬から夏季(麦麹がなくなり次第終了)》

麦みそ 特徴 麦の香りと甘みが豊かな味噌
熟成期間 2~3ヶ月
おすすめの使い方 みそこしを使ってみそ汁にお使い下さい。

糀屋雨風

株式会社 雨風
〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町3丁目32-11
TEL:072-262-0333  FAX:072-263-3349
営業時間:9:00-17:00
定休日:日・祝 ※糀期(11月中旬~12月中旬)は営業

お申し込みはこちら→

みそ作り教室 随時受付中

米みそはオールシーズン、一味違った麦みそは5月から7月の間受け付けております。
出張も可能です。お気軽にお問い合わせください。

学校やカフェ、企業・団体へのご訪問も行なっております。※訪問の際の交通費はご負担いただきます

費 用:できあがるおみそ3kg/2,865円(税込3,096円)

持ち物:エプロン・三角巾・みそ桶

※みそ桶は当日500円(税込540円)で販売もしております。

時 間:1時間半程度

定 員:10名

みそ作り教室以外にも様々なワークショップを行なっています。お気軽にご連絡ください。

塩糀教室 甘酒教室 ぬか床教室

0120-506-502

072-262-0333